• 安心/安全、高鮮度で美味しい「とっておき野菜」です。

高床式砂栽培は、ベッドのようなテーブル状の農床に、土ではなく「クリーンな砂」を敷いて、水や肥料を極力抑えて作物を育てる農法で、以下のような特徴があります。

おいしい野菜が作れる

余分な水や肥料を与えないストレス農法で、野菜本来が持つ生命力を引出し、味が濃くおいしい野菜を作ることができます。

病気にかかりにくい

砂の粒子が病害虫から野菜の根を守るため、病気や生育不良があまりありません。また、”収穫後の日持ちがよい“とも言われています。

病気にかかりにくい

農薬の使用も抑えられる

ひとことで言うと、砂栽培は「細菌や病害虫」がつきにくいクリーンな環境です。そのため、農薬についても極力使用を減らすことができ、地球環境にも優しく、安全性の高い野菜を作ることができます。

農薬の使用も抑えられる

よく見て丁寧に作れる

テーブルのような高さの農床で育てるため、根元の部分までよく見て、丁寧に野菜を作ることができます。

よく見て丁寧に作れる

雇用の促進ができる

テーブル状の農床なので、農作業中も屈んだり腰を曲げたりする事が殆んどありません。このため高齢者や障がい者の方々でも作業が可能で、新しい雇用の場としても期待されています。

雇用の促進ができる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です